メンバーズBLOG

ミッション「“MEMBERSHIP”で、心豊かな社会を創る」を掲げ、運用で社会を変革す…

メンバーズBLOG

ミッション「“MEMBERSHIP”で、心豊かな社会を創る」を掲げ、運用で社会を変革するデジタルクリエイター集団、株式会社メンバーズのnoteです。主にメンバーズの「ひと」にフォーカスし、「チーム」や「仕事」「事業」「技術」に関する情報を発信します。

リンク

マガジン

  • メンバーズの”ひと”

    さまざまなスキルや経験を持ったクリエイターが、どのような想いで仕事に取り組み、お客様と向き合っているのかをご紹介します。

  • メンバーズの”カンパニー”

    メンバーズの社内カンパニーが運営するnoteの記事をピックアップし、こちらのマガジンに掲載します。

求人

  • 求人の画像

    UXデザイナー/東京・名古屋

    正社員
  • 求人の画像

    広告プランナー/東京・武蔵小杉・福岡・北九州

    正社員
  • 求人の画像

    Webディレクター(デジタルマーケティング内製化支援)/東京・武蔵小杉・福岡・北九州

    正社員

最近の記事

  • 固定された記事

ヒアリング力を活かし、相手目線で提案ができるデータアナリストを目指しています。

現在、メンバーズデータアドベンチャーカンパニーでデータアナリストとして活躍中の竹蓋さん。前職は自動車買取会社で営業職として働いたのち、マーケティング部へ異動になったことがきっかけで、より深くマーケティングについて学びたいという思いが強まっていったそうです。そんな竹蓋(たけふた)さんに、現在のお仕事内容や転職前後で変化したことなどについて語っていただきました。 転職のきっかけは、数値集計・分析スキルをさらに伸ばし、活かしたかったから。前職で営業職として働いていた頃から数値集計

    • 転職して手に入れたのは、データエンジニアとしてスキルを高め続けられる環境でした。

      総合職として入社した会社でシステム部門に配属されたことがきっかけで、エンジニアリングの世界にのめり込んでいった阿曽さん。メンバーズデータアドベンチャーカンパニーに転職し、データエンジニアとして活躍することになった経緯や、働く上で大切にしているスタンスについて語っていただきました。 知れば知るほどのめり込んでいった、エンジニアリングの世界。経営学部を卒業し、新卒で入社したのは食品商社でした。総合職として入社したのですが、配属されたのは情報システム部門。配属されるまで自分がSE

      • 北海道への移住も、アジャイル開発の仕事にも満足。転職は大成功だったと思っています。

        大好きな北海道で暮らしながら、開発者としてスキルアップしたい。2つの希望が叶えられる環境を求めて、転職活動をしていた松崎さん。メンバーズに入社して希望を叶えることはできたのでしょうか。インタビューで詳しく聞かせていただきました。 エンジニアとして働くのが夢だった。13歳の時からプログラミングをしていたこともあり、就職活動の時には「エンジニアになりたい」という気持ちが固まっていました。大学卒業後、システム開発会社に入社したのですが、その会社はSlerの孫請け会社で教育コストも

        • 開発担当者と密に連携し、業務を遂行できる。QAエンジニアとして求めていた環境がメンバーズにありました。

          テスト専門機関に勤めていた田邉さん。近年需要が高まっているQAエンジニアとして、さらにキャリアを高めたいと考えて入社しました。田邉さんがメンバーズを選んだ理由をお伺いしました。 IT業界に興味を持ったのは、アルバイトの確定申告がきっかけだった。大学では経済学を専攻していたので、当初は金融業界や商社への就職を考えていました。しかし当時それらの業界は競争が激しく、合併や再編、人員の削減などで求人数が減少していました。その一方で、IT業界は当時より人手不足が叫ばれており、今後も市

        • 固定された記事

        ヒアリング力を活かし、相手目線で提案ができるデータアナリストを目指しています。

        • 転職して手に入れたのは、データエンジニアとしてスキルを高め続けられる環境でした。

        • 北海道への移住も、アジャイル開発の仕事にも満足。転職は大成功だったと思っています。

        • 開発担当者と密に連携し、業務を遂行できる。QAエンジニアとして求めていた環境がメンバーズにありました。

        マガジン

        • メンバーズの”ひと”
          12本
        • メンバーズの”カンパニー”
          19本
        • エンジニア
          64本
        • メンバーズの”日々”
          7本
        • プロダクトデザイン
          11本
        • Advent Calendar 2023
          23本

        記事

          XR、生成AIなど最先端領域を経験。メンバーズで”未来を創る仕事”ができています。

          ゲーム業界で開発経験を積んだ後、VR機器への興味から少しずつ「XR領域に携わりたい」という気持ちが強くなっていった生駒さん。先端領域での経験も積んでいた生駒さんがなぜメンバーズを選んだのか、その理由を語っていただきました。 「ゲームが好き」という気持ちで就職先を決める。学生時代からゲームが好きで、「ゲーム業界で働けたらいいな」という漠然とした気持ちで就職活動をしていました。希望どおりゲームの開発会社に入社することができ、新卒で研修を受けた後、エンジニアとして働くことが決まっ

          XR、生成AIなど最先端領域を経験。メンバーズで”未来を創る仕事”ができています。

        • SEO対策をいつもどおり行っていたらSDGsに貢献していた件

          私たちが日々の業務として日常的に行うSEO対策が、実は持続可能な未来への一歩だったことを知っていますか?この記事では、通常のSEOプラクティスが環境と社会への影響にどのように貢献するかを探り、サスティナブルな未来に向けた取り組みについて紹介します。 ネットの未来を切り拓く!持続可能なSEOの取り組みとは?こんにちは、私は普段SEOのプロフェッショナルとして働いているchiakiです。普段のルーティン業務としてSEO対策をさまざまなクライアントや自社メディアの運用に活用してい

          SEO対策をいつもどおり行っていたらSDGsに貢献していた件

        • webアクセシビリティ診断を行う自動ツールを作成する

          はじめにはじめまして、webサイトの構築・運用を行っている〇△〇(まるさん)と申します。 皆さんが運用しているwebサイトはWCAGの基準に達しているでしょうか? 国によってはwebアクセシビリティを確保しなかったことによる訴訟問題にも発生しています。※1 しかし、構築時の要件に入っていなかったり、運用していくうちに基準を下回ってたりと見直す必要が出てくるかもしれません。 もちろん、アクセシビリティ診断ツールを利用するのもよいですが、対象となるページがたくさんある場合、1

          webアクセシビリティ診断を行う自動ツールを作成する

          メンバーズ オフィスツアー~仙台オフィス編~

          前回の札幌オフィス編に続き、オフィスツアー第2弾仙台オフィス編です! 仙台駅に到着すると気温も5℃と空気も冷えており、雪もうっすら積もっていました。 アクセス仙台オフィスは、地下鉄南北線 勾当台公園駅から徒歩3分ほどのところに位置しています。 また、地下鉄南北線 広瀬通駅や東西線 青葉通一番町駅も徒歩圏にあり、近隣に3駅もある抜群の立地条件です。 駅からオフィスに向かって歩いていくと、右手に定禅寺通の並木道が見えてきました。 雪も相まってなんとも風情があります。 オフ

          メンバーズ オフィスツアー~仙台オフィス編~

        • 元カメラマンが明かす!5年の歳月をかけたエンジニアの作業環境とは?🧑‍💻

          株式会社メンバーズ DevOpsLead(デブオプスリード)カンパニー 広報の濱松です! 好評のシリーズ第3弾、リモートワークで働くエンジニアの自宅のデスク特集も今回でひと区切りとなります!本シリーズは皆さまからのご好評をいただいており、広報としても嬉しい限りでとてもやり甲斐を感じています。それでは、ご覧ください! 自己紹介こんにちは、エンジニアのこばやしです。 リモートワーク歴5年目に突入し、割とデスク周りの環境の整備が落ち着いてきたので日頃の業務やプライベートでの作業

          元カメラマンが明かす!5年の歳月をかけたエンジニアの作業環境とは?🧑‍💻

        • 画像のカラー抽出を頑張った話。

          はじめにおはようございます。狩野です。 最近業務に取り組む中で効率化のためにとあるツールを作成したので、ナレッジシェアがてら記事を書くことにしました。 最後までのんびりとお付き合いいただけますと幸いです。 今回の概要私は普段の業務では、全量が数千ページあるWebサイトの運用を担当しています。 今回はそんな運用業務のなかで、数万件ある画像内のカラーコードを全てチェックしたいという依頼が舞い込んできました。 画像の中に特定の色が入っていた場合、その画像のディレクトリパスを書き出

          画像のカラー抽出を頑張った話。

        • レコメンド(推薦)システム入門

          はじめにみなさんはAmazonで買い物をするとき「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」という表示から別の商品にも興味をもったことがあるのではないでしょうか。また、Netflixなどの動画サイトで検索したわけでもないのに、自分が見たいと思う動画がたくさん表示されたことがあるかもしれません。 これらは「推薦システム」と呼ばれる「複数の候補から価値のあるものを選び出し、意思決定を支援するシステム」によって選び出されたアイテムが表示されています。 多くのアイ

          レコメンド(推薦)システム入門

        • 子育てで時間無いけど、1日5分だけAWSの勉強したら資格が集まってきた件🏄‍♀️

          子育て中は勉強時間がなかなか取れないですよね〜!😔 ご家庭により様々だと思いますが、我が家では無理でした! でも少ない時間でもAWSの資格なら取れるようになったので、 子育て中の方を応援する意味も込めて、記事にしたいと思います! この記事は誰向け?子育てで時間が無いから、もう勉強するの諦めつつある人 AWSの資格が欲しい人で、合格までに数ヶ月かかっても良い人 まとめ机に向かって勉強する時間が無いので、生活の一部を勉強時間に変えることにしました。 ハミガキしてる時に片

          子育てで時間無いけど、1日5分だけAWSの勉強したら資格が集まってきた件🏄‍♀️

          大震災後、ボランティアで出会ったメンバーズ。 今一緒に働いていることに“縁”を感じます。

          仙台でフリーランスのWebデザイナーとして活躍していた赤井澤さん。東日本大震災後、ボランティアを通してメンバーズとの縁ができました。フリーランスから再び正社員として働こうと思った動機は何だったのか、入社後どのように働いているのか、話を聞かせていただきました。 一度は離れることも考えたけど、やっぱりデザインの仕事がしたい。グラフィックデザイン専門学校を出た後は、グラフィックデザイナーとして働いていました。紙のデザインは消費が早いため、形に残るものをつくりたいという気持ちが強く

          大震災後、ボランティアで出会ったメンバーズ。 今一緒に働いていることに“縁”を感じます。

        • #!/bin/sh と #!/bin/bash の意味

          #!から始まるおまじないの意味#!/bin/shや#!/bin/bashなどの#!から始まるものは Shebang(シバンまたはシェバン)と呼ぶ。(※この文章の中ではシェバンと呼ぶことにする)シェバンのやっていることはファイルを実行するためのインタプリタのパスを指定すること。 インタプリタは高級言語から機械語へ翻訳しながら同時に少しずつ実行していくプログラムのこと。また名前の由来は Hash(#) と Bang(!) をくっつけた HashBang の省略形。 本題前置き

          #!/bin/sh と #!/bin/bash の意味

          メンバーズBLOGを開設してから現在までのレポートを書いてみた

          メンバーズBLOGを開設して7ヶ月が経過。 開設当初より多くの方に見ていただけるメディアに成長しました。 そこで今回は、メンバーズBLOG開設から現在までの動向をレポート形式で振り返ってみようと思います。 ここまでを振り返るPV 期間:2023年7月1日~2024年1月31日 (2024年2月1日集計) 8月を境にPV数が右肩上がりで推移しています。 12月はJamstack研究会(※1)主催のアドベントカレンダーを開催。毎日記事を公開することができ、その効果で増加傾

          メンバーズBLOGを開設してから現在までのレポートを書いてみた

        • 「論理削除」をどう扱うか

          はじめにシステム開発ではよく「論理削除」が採用されることがあります。この記事では論理削除の必要性と、代替案について考察します。 論理削除とはあるデータ、例えば、記事やユーザーデータを「削除」する場合に実際にレコードを削除せずに、例えば「削除済」というフラグを立てることで削除したように見せる、それが論理削除です。これに対して、物理的に削除する場合を「物理削除」と呼びます。 雑学ですが、本来は「削除」で良かったのに「論理削除」という概念が出た結果「物理削除」という言葉が生まれ

          「論理削除」をどう扱うか